ハン・ソッキュ

ハン・ソッキュ、韓国のベテラン俳優である。

初めてハン・ソッキュを見たのは、初めてテレビで韓国映画を見た「シュリ」の中でである。あの「シュリ」という韓国アクション映画自体が、自分にとっては非常に衝撃的で、アクションといえばアジアでは香港映画という先入観を持っていたのが一気に韓国映画も結構やるなと思ったのがあの映画だった。

その「シュリ」の主役を務めていたのがこのハン・ソッキュで、その後、「二重スパイ」や先日紹介した「淫乱書生」でも個性的な演技を見せている。

もともと声優からスタートし、テレビドラマの俳優そして映画俳優とステップアップしてきたハン・ソッキュ。今では韓国映画界において「興行の保証手形」の異名を持つビッグスターに成長した。

アクションからコメディー、ラブストーリーとあらゆる映画の似合うベテラン韓国俳優ハン・ソッキュ、これからどんな演技を見せ続けてくれるか楽しみである。

【送料無料選択可!】二重スパイ スタンダード版 / 洋画



タグ:韓国俳優
posted by 旅烏 at 13:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国男優

キム・ジョンテ(キム・テウク)

キム・ジョンテ(キム・テウク)という韓国男優を知っているでしょうか。

このキム・ジョンテ、かつてはキム・テウクという名前で映画に出ていたのですが、2006年より名前をキム・ジョンテという名前にして活躍しています。

主役を張るわけではなく脇役としてはよく出てくるのですが、かなり有名な映画、たとえば私の見た中では「友へ(チング)」「僕の彼女を紹介します」などメジャーな映画にも脇役で出演しているにもかかわらず、ちょっと記憶にないほどの存在感のなさというか...。風貌もどこかひょろっとしてて、なんだか頼りなさそうな雰囲気が漂う、記憶に残りにくいの俳優です。

この前、みた「ひまわり」のなかでは、わき役のヒール役で、最後は主人公のキム・レオン殺されてしまう役柄でしたが、なんだかこのキム・ジョンテそういった最後は殺されてしまう、ちょっぴりこすい悪い役柄が多いんですよ。

「強力3班」では刑事役でいい役柄でも出ていましたが、なかなかこれも印象に薄い役柄でしたが、映画の中では主役を引き立てる役柄でそういう意味では多少は存在感を示しています。

眼鏡をかけた彼の写真を見るとそこそこいい男には思えるのですが、脇役が身についてしまったというか、ヨン様やイ・ビョンホンチャン・ドンゴンといったところは日本でもよく知られるところとなりましたが、なかなか日本では知られていないキム・ジョンテ、日本の芸能界にもいる名バイブレイヤーといったところでしょうか。韓国映画を見る方はこういった俳優も注目してやってください。


posted by 旅烏 at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国男優

クォン・サンウ

韓流俳優の中でもヨン様こと、ペ・ヨンジュンと並んでかなりメジャーだと思うがクォン・サンウが1年ぶりに来日したそうだ。

クォン・サンウを出迎えに成田空港では3000人ものファンが詰めかけたようだ。今回はテレビ出演のためらしい。

クォン・サンウといえば私が最初に見たのが「火山校」だったが、どんな役柄だったかさっぱり覚えていない。

最近見た映画に中では「美しき野獣」で見せたアウトロー刑事で、ハスに構えたあの刑事の役柄が忘れられない。一方、韓国女優キム・ハヌルと競演した「青春漫画」で見せた、どこか母性本能をくすぐるいわば女性から見たら可愛いくて、ちょっとお茶目名役柄も思い出す。

どちらが本当のクォン・サンウなんだろうか?

一説によると、30代半ばまで俳優稼業を続けて、その後は父親の願いである美術教師の道を進む夢があるらしい。ちょっと意外だ。









タグ:韓国俳優
posted by 旅烏 at 10:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国男優
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。