愛しているから、大丈夫-Fly-High

愛しているから、大丈夫という映画を見ました。主演はチ・ヒョヌ、イム・ジョンウン

チ・ヒョヌ扮する男子高校生のミンシュクはあるとき男子トイレに入っていると若い女性が出てきた。呆気にとられたミンシュクだが、その女子高生イム・ジョウン扮するミヒョンに一目惚れしてしまう。

そしてコンパに出たミンシュクは偶然にもミヒョンと遭遇、そしてその夜ファーストキス。だが、なぜか、その後もミヒョンはミンシュクに冷たい態度。そして、誰にも理由を言わずアメリカに飛び立ってしまう。

そして2年後突然、ミヒョンが韓国のミンシュクの目の前に現れるのだが...。

この映画、ラブストーリーで、なかなか美しくも悲しい映画なのですが、見ていて昔見たチェ・ジウ主演の「連理の枝」を思い出したのですが、韓国映画はこの手の話が好きですね。

でも、この「愛していいるから、大丈夫」、ラストシーンのオーロラが美しく、韓国映画にしてはちょっと珍しい終わり方でなんだかすっきりいたしました。

ちなみに主演女優のイム・ジョウン、なんだか日本の菊川怜に似ていると思うのは私だけでしょうか?

 韓国映画/愛しているから、大丈夫 DVD



タグ:韓国映画
posted by 旅烏 at 15:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラブストーリー

淫乱書生

「淫乱書生」という映画を見てみました。主演は貴族で最高の文章家ユンソ役としてご存じハン・ソッキュ。ヒロインの王に寵愛される側室のジョンビン役にキム・ミンジョンバレエ教室でもヒロイン役を演じたキム・ミンジョン

ストーリーは、高貴な貴族の出であるユンソはひょんな事件から世の中に淫乱小説なるものが密かに出回り庶民の人気を集めていることを知る。それまで貴族の退屈な生活だったユンソはその淫乱小説を自分でも書いてみる。そしてもっと売れっ子淫乱小説家を目指して本格的に挿し絵も小説に入れ込もうと、ユンソ一族の反対派のグァンホン(イ・ポムス)に小説の中の絵を描くよう以来、そしてユンソの小説は人気を集めるのだが...。

この映画、恋愛映画なのか、歴史映画なのか、コメディー映画なのか、ちょっとジャンルという点では区分けができないが、区別しにくいが、2時間以上の大作ながら飽きずに見られる映画です。

ベテラン韓国俳優ハン・ソッキュのコミカルで味のある演技が見られる作品です。

淫乱書生 DVD (+英語字幕)(限定版)

タグ:韓国映画
posted by 旅烏 at 13:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラブストーリー

バレエ教習所−Flying Boys

バレエ教習所という韓国映画を見てみました。主演は、ユン・ゲサンキム・ミンジョン

詳しいストーリーは、BUNKAKOREAをみてみてください。

大学受験の試験は受けたものの、なにがしたいのか分からない高校生3人トリオがひょんなきっかけからバレエ教室に通うことになった。最初はいやがっていたが、徐々にバレエに興味を持ち始め、仲間たちに支えられながら成長していく姿を描く青春ラブストーリーとでもいったらいいか?

女性の主演、スジン役のキム・ミョンジョンは、目がくりくりっとして日本の女優の斉藤由貴にそっくりですね。出るところは出ていてすごく魅力的な女優さんです。

主演のユン・ゲサンよりも目立つのは、今年の日本映画「初雪の鯉 ヴァージン・スノー」に先日、結婚した日本女優・宮崎あおいと共演している美男子イ・ジュンギ

確か、イ・ジュンギは韓国映画「王の男」では、王に愛でられるちょっとそれ系の役で出ているが、やはり顔立ちは美しい顔をしている。しかし、今回は純粋な高校生役。なんだか、主役のユン・ゲサンよりちょっと目立っていた気がする。

ストーリーの最後はほっとする内容で、韓国映画の中では、見たあと何とか納得できるストーリーの映画だった。



posted by 旅烏 at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラブストーリー

Sダイアリー

数年前の韓国映画ですが、「Sダイアリー」を見てみました。主演は韓国女優、キム・ソナ

キム・ソナ演じる主人公ナ・ジニは男性にふられてしまう。その男性から今までつきあった男に本当に愛されてきた男に、本当に愛されてきたのか、聞いて見ろと言われ、屋根裏の日記を引っ張り出す。

その日記にナ・ジニは過去につきあった男性との記録が細かく記されていた。その記憶を元に彼女は過去の3人の男性に会いに行くが、そこで嫌な思いをする。

そのことがきっかけで過去の3人の男に、過去の恋愛の代償を求め復讐をしよう企てるが...。

最近、韓国ホラー映画を見るのが多かっただけに、こういったラブコメディーでどこかほっとできる映画を見るとなんだか安心します。

この主演のキム・ソナ、けっこう表情豊かな女優でどこかそのくちびるがすごく悩ましい。日本女優・鈴木砂羽さんに似ているキム・ソナですが、この人のこういったコメディ、もっと見てみたいですね。











posted by 旅烏 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラブストーリー

ひまわり

「ひまわり」を見てみました。

アクションも最後の方に出てくるのですが、ラブストーリー、正確に言えば人情物といった方がいいかもしれません。

キム・レオン演ずるソテクは元暴力団員。その彼が長い刑期を終えて仮釈放で出所してきた。地元のひまわり食堂を経営するおばさん、キム・へスク演ずるトクチャのもとへ身を寄せる。

そこにはトクチャの娘ホ・イジェ演ずるヒ・ジュがいた。彼女は最初はソテクに冷たくしているのだが、出所したソテクの心を入れ替えまじめに働き、そして母トクチャに優しく接してくれ、またトクチャの今までにない幸せそうな顔に、家族としての親近感を感じていく。

そんなおり昔のやくざ仲間とそのボスがひまわり食堂の地上げをねらっていた。ソテク出所してからかたくなに、けんかしない、酒を飲まない、泣かない、と決めていたのだが、おばさんを殺され、ホ・イジェを傷つけられ、復習を決める...。

この映画では今までキム・レオン韓国映画「2424」、「...ing」で見せた明るくちょっとお茶目な役柄とは一世を隠し、渋くてそれでいて恥ずかしがり屋の役柄を見せている。

ホ・イジェはこの映画でスクリーンデビュー。かわいらしい、ちょっと勝ち気な女性を演じている。

最後の完成したばかりのキャバレー内でのキム・レオンのアクションシーンには男ながら涙してしまった。すごく感動させられる映画です。

あまり殺しや、ヤクザが出てくる映画は好きではないですが、この映画はすごく涙が出ました。

また、韓国映画では定番の最後に流れる歌もバラードで感動を倍加させています。

posted by 旅烏 at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラブストーリー

とかげの可愛い嘘〜ラブストーリー

『トカゲの可愛い嘘』を見ました。ちょっと甘く切ない、というと言いふるされた言葉ですが、ラブストーリーなのです。

韓国映画の中で、最近よく見かけるエイズという社会問題にちょっとだけスポットを当てた映画です。

最初から何なんだろうこの映画は?と思わせておきながら、最後は感動的な映像と物語で締めくくられている映画です。

内容はトカゲの可愛い嘘 公式ページ
で見てみてください。

主人公の大人になった女性としてアリ役には、トンマッコルへようこそにも出演していた、カン・ヘジョン。いやあ、この子の可愛さにはまいります。

そして男性の主人公のジョガン役にはチョ・ウンス。『マラソン』にも出ていましたが、どこからどう見ても好青年です。

この劇中で共演している、カン・ヘジョンチョ・ウンスですが、映画の中だけでなく実際の恋人なんです。いやあ、ベストカップルですね。この映画、公私ともにリアルなラブストーリーなのです。

最後まで飽きさせない内容とストーリー、そしてきれいな映像には日本映画にはないなにかを感じさせられます。

ところで、このチョ・ウンスという俳優を見て日本の芸能人だれかを思い出しませんか?

私はいつもMr.childrenのボーカルの桜井さんを思い出してしまうのです。そんなこと思うのは私だけでしょうか?

とにかく、この映画は面白いのでお勧めです。
posted by 旅烏 at 10:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | ラブストーリー

トンマッコルへようこそ-Welcome to Dongmakgol

『トンマッコルへようこそ』をみました。

そこそこ長い映画でしたが、なんだか後味もよい映画でした。韓国映画らしく結局、主人公は死んでいくストーリーでしたが、なんだか僕は感動したのでした。

ストーリーは
トンマッコルへようこそ公式ページ
で見ていただければ分かります。

すごく映像が綺麗だし、ストーリーもねられていて、音楽もいい、見たあとは感動で一人涙していたのですが、私はこういう映画が見たかった。決してホラーみたいな映画は見たくないのですが、どうしてもホラーは人が入るので、映画会社は製作するんでしょうね。私もホラーは見出すとついつい見てしまうのですが。

主役の一人、韓国軍のリーダー役のシン・ハギュンを見るたびに日本の松本幸四郎を思い出すのは私だけでしょうか。

ヨイル役のカン・ヘジュンはいつ見てもすごく綺麗な顔立ちで可愛いですね。『トカゲ』でもつかみ所のないヒロイン役で出てました。

この映画韓国では国民の6人に一人が見た大ヒット映画でした。それも実際見てもらえば納得しますのでぜひ見てください。ビール
posted by 旅烏 at 19:35 | Comment(0) | TrackBack(1) | ラブストーリー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。