トンマッコルへようこそ-Welcome to Dongmakgol

『トンマッコルへようこそ』をみました。

そこそこ長い映画でしたが、なんだか後味もよい映画でした。韓国映画らしく結局、主人公は死んでいくストーリーでしたが、なんだか僕は感動したのでした。

ストーリーは
トンマッコルへようこそ公式ページ
で見ていただければ分かります。

すごく映像が綺麗だし、ストーリーもねられていて、音楽もいい、見たあとは感動で一人涙していたのですが、私はこういう映画が見たかった。決してホラーみたいな映画は見たくないのですが、どうしてもホラーは人が入るので、映画会社は製作するんでしょうね。私もホラーは見出すとついつい見てしまうのですが。

主役の一人、韓国軍のリーダー役のシン・ハギュンを見るたびに日本の松本幸四郎を思い出すのは私だけでしょうか。

ヨイル役のカン・ヘジュンはいつ見てもすごく綺麗な顔立ちで可愛いですね。『トカゲ』でもつかみ所のないヒロイン役で出てました。

この映画韓国では国民の6人に一人が見た大ヒット映画でした。それも実際見てもらえば納得しますのでぜひ見てください。ビール


posted by 旅烏 at 19:35 | Comment(0) | TrackBack(1) | ラブストーリー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

みのもんたアナウンサー生活40年分のお礼
Excerpt: 約420人のテレビ局関係者や俳優の松本幸四郎など著名人を招待し「以前から1つの区切りが必要だなと思っていた。3月31日で満40年となったので、これまでお世話になった人た...
Weblog: Good!な芸能ブログ集
Tracked: 2007-05-27 03:40
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。